あなたのログインパスワードは大丈夫?アカウント乗っ取り被害の対策手段

79 views

アカウントの乗っ取り対策って行っていますか?

今ではネットでサービスを利用したり買い物したりなどごく身近な利用法になっています。

そんな中、アカウントの乗っ取りという話を聞いたことはないでしょうか。

万が一アカウントが第三者に乗っ取られてしまったら、現在利用しているサービスはもちろんのこと、最悪の場合、保有しているポイントを使われてしまう可能性だってあります。

そうならないためにも自分自身でセキュリティーの強化をするしかありません。

ケロ蔵

ケロ蔵

アカウントには購入履歴やサービス利用履歴など大事な情報が詰まってるんだ。

ネットバンキングとかの通販サイトのアカウントを乗っ取られたら一大事だな。

ピョン太

ピョン太

単純なパスワードは乗っ取られるリスク大

アカウントが乗っ取られるのは危険なことなのはわかるけど、どんな影響が及ぶのか具体的にわからないという人も多いのではないでしょうか?

アカウントが乗っ取られると次の影響が考えられます。

アカウントを乗っ取りされると?
  • 個人情報の流出
  • クレジットカードの不正利用
  • サービスの利用が出来なくなる

特にアカウントを登録する際に氏名・住所・メールアドレスなど知られると色々まずい情報が第三者に知られてしまいます。

入手した情報がさらに流れると止めるのは不可能で、場合によってはメルアドの変更や最悪の場合、引っ越しを余儀なくされるかも知れません。

他にもネットショッピングのアカウントを乗っ取られると、不正利用されることも考えられます。

大抵の方はクレジットカードを登録している人は多いので、アカウントさえ乗っ取れば買い物され放題!!

GoogleやApple IDは絶対に対策しておくこと

その中で最も乗っ取られるとやばいアカウントは『Googleアカウント』と『Apple ID』の2つ。

どちらもバックアップやアプリの購入など現代では必ずと言っていいほど使っている人は多いです。

これらのアカウントを乗っ取られてしまうと、アプリの再購入はもちろんのこと今まで保存していた写真や電話番号など全て戻ってきません。

金銭で取り戻せるならなんとでもやり直しはできますが、思い出は戻ってきません。

他サービスのパスワードを保存していることも多いから、乗っ取られると非常に危険だぜ。

ピョン太

ピョン太

パスワードを強化するためにやっておくべきこと

それでは自分のアカウントを守るためにやっておきたいことを5つ紹介します。

これらを実施することで、第三者から不正ログインされる心配はほとんどなくなるでしょう。

ケロ蔵

ケロ蔵

100%安全というわけではない点には注意してね。

安全なパスワードの作成条件
  1. 名前などの個人情報からは推測できないこと
  2. 英単語などをそのまま使用していないこと
  3. アルファベットと数字が混在していること
  4. 適切な長さの文字列であること
  5. 類推しやすい並び方やその安易な組合せにしないこと

名前などの個人情報からは推測できないこと』は、自身の名前とか電話番号など身近にあるものをヒントにしてパスワードを決めてしまうことです。

名前であれば覚えやすいし、普段から利用しているのであればそうそう忘れることはありません。

定期的なパスワードの変更にはあまり意味がない!?

パスワードは定期的に変更しておくことが最善の対策であると聞いたことがないでしょうか?

確かに以前はその方法でアカウントの乗っ取りを防ぐことも可能でした。

ですが、最近はその対策はそれほど効果がないということが判明しています。

難解なパスワードであればそもそも安全ですし、定期的にパスワードを変更するということはその度にパスワードを設定し直さなければならないめんどくささもあります。

パスワードを簡単に作れるサイト

なので、パスワード作成に役立つサイトを2つほど紹介しようと思います。

どちらのサイトもパスワードを作るのに便利なのは間違い無いので、アカウント乗っ取りを対策する際に利用してみてください。

パスワード生成ツール

まず1つ目はパスワードを生成してくれるサイト。

不特定の文字列を作るのって簡単そうに見えて意外と難しいもの。

そんな不便なのを解消してくれるのが強固なパスワードを生成してくれます。

英数字はもちろん普段使わない記号も!

パスワードをなんとなく適当にやればいいんですけど、大文字小文字記号を順不同に決めるのはめんどくさいといった方はこちらのサイトを使ってみてください。

パスワード強度チェッカー

現在設定されているログインパスワードの強度がどれくらいなのかを判別できます。

こちらは英語向けのサイトですが、そのままでも「一応」使えます。(翻訳ができれば)

具体的には年数で測ることができ、『1234』みたいな誰でも考えつく簡単なパスワードだと即座に解読され、『/S-2u$mbs.88』のような難解なパスワードは40万年かかるというレベル。

あくまでも目安に過ぎませんが、現代ではツールを使えば総当たり攻撃の方法にて偶然ログインできてしまうこともありえるので、自分が使っているパスワードがどれくらいの強度なのかを調べるのにはいいと思います。

まとめ

今回はアカウント乗っ取りをされないためにやっておきたい対策についてお伝えしました。

今でこそ簡単なパスワードの組み合わせは危険という認識が浸透してきたので、ほとんどの方は難解なパスワードに設定している人が多いと思います。

それでも一定数はいまだに覚えやすいパスワードを使っていたりするため、今もなおアカウント乗っ取りの被害が報告されているのが実情でしょう。

自分のアカウントを乗っ取られないために自分自身でセキュリティーを高めて、絶対に不正ログインされないという強い意志を持ち続けてください。

難解なパスワードを登録したとしても、AppleのキーチェーンやGoogle Chromeなどパスワードの管理に便利なサービスはあるので、それらを利用してみるというのも一つの手です。

ケロ蔵

ケロ蔵

iCloudならキーチェーンでパスワードを一括管理できるから便利だよ。

Chromeでもパスワードを登録できるから便利だよな。

ピョン太

ピョン太

ケロ蔵

ケロ蔵

カエルブロガー

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。