イマイチ効果が実感しにくいアクセサリー『連環の指輪』を検証してみた

69 views

ゼノブレイド3に登場するアクセサリーは数あれど、その中でも特に謎が多い連環の指輪。

一応、どういった効果があるのかが抽象的に書かれているので、なんとなく理解できるかもしれません。

他にも能力を上げるアクセサリーの方が強化できると考え、そちらを優先した結果あまり使ってないプレイヤーもいることでしょう。

そこで今回はイマイチ性能を理解しにくいアクセサリー、連環の指輪の効果について検証していきたいと思います。

連環の指輪の効果とは?

連環の指輪の説明書にはこのように書かれています。

『一定時間内に異なるアーツを使用することでアーツの効果が増加していく』

つまり、使えるアーツを一気に使えば効果絶大!ってことだな。

ピョン太

ピョン太

ただ、これだけだとどのアーツがどれくらいの効果が得られるのかがわかりません。

ケロ蔵

ケロ蔵

与ダメージが上昇する以外の効果上昇はあるのかな?

これは気になる…

気になったら実践せずにはいられないため、実践に検証することにしました。

連環の指輪を装備して実際に検証

今回は以下の点について検証していこうと考えてます。

  • 与ダメージの上昇効果
  • 回復量の増加
  • バフやデバフへの影響
  • コンボの持続時間

ちなみに説明文にある一定時間内については猶予はほとんどなく、アーツを連続して使う必要がありました。

クイックムーヴで移動する余裕も無いくらいなので、できるだけ使用可能なアーツが多い状態で行った方がいいですね。

与ダメージがどれだけ変化するのか検証

まず最初に、一番気になるであろう与ダメージがどれだけ変わるのか。

結果はかなり与ダメージに差がありました。

ソードファイターの固有アーツ【グラウンドビート】でどれくらい威力が変化するのか見ていきます。

まずは単体で使用した場合。

そして連環の指輪を装備して全アーツ使用のラストにグラウンドビートを放った場合。

かなり威力が変化しましたね。

一応付け加えると、ソードファイターのスキルなどによる与ダメージの威力も加算されていますが、前者・後者共に反映されているため、同じ条件という点では特に変わりありません。

それでも威力にこれだけの差があれば、これはかなりの火力アップが見込めそうですね。

回復アーツにも影響があるのか検証

次に回復効果のあるアーツについても検証していこうと思います。

説明文では特に言及されていないので、おそらく影響はあると思いますが…

まずは通常時の回復量。

そして連環の指輪装備時。

ご覧のように回復量もかなり増加しているのがわかります。

バフやデバフはどう変わる?

バフやデバフについては性能そのものは変化せず、持続時間が延長されただけに留まっています。

ここは残念でしたね。

特にデバフは強敵相手ほど通して欲しい場面も多かったので、もうちょっと効きやすくてもいいかなと感じています。

フィールド設置アーツへの影響

フィールドを設置するタイプのアーツにも影響があるのか見ていきましょう。

実際に検証したところ、次の結果がありました。

  • フィールドの設置時間が上昇
  • フィールド性能の変化は無し

今回検証したフィールドアーツはリジェネレーション効果がある ですが、回復量そのものは上昇しなかったため、他のフィールド設置アーツも変化がないと考えました。

コンボの持続時間は延長される?

最後にコンボの持続時間も影響されるのかについて検証していきます。

スタンやライジングなどの持続時間が伸びれば、かなり強力なコンボが誕生するかもしれませんね。

実際に比較動画を作ったので、よければ見てください。
(ライジング検証は11秒先)

結果は持続時間がかなり伸びました。

通常時の持続が6秒〜7秒なのに対し、連環の指輪装備時のライジングは17秒〜18秒と2倍以上の差もあります。

これだけの時間、敵の行動を縛ることができればできることがかなり広がりますね。

スマッシュを即発動するのがもったいなくなるレベルだな

ピョン太

ピョン太

ケロ蔵

ケロ蔵

一応、スタンの方も検証したけど、こっちも同様の持続時間の延長があったよ

連環の指輪の性能まとめ

今回は性能がイマイチ実感しづらいアクセサリーである連環の指輪について検証してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に検証してみたら、意外と強力な性能だったと自分自身も実感している次第です。

アクセサリーの中では入手難易度が高いため、全員に装備させる分を獲得するのは難しいですが、もしも手に入れたらバトルでかなり役に立つと感じました。

ただしアーツの発動タイミングもあるので、必ずしも一気に放つのが正しい選択とは限らないでしょう。

状況に合わせて使うことでかなり強力な戦法にもなり得るので、是非とも入手しておきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。