【ゼノブレイド3】レベル&クラス経験値稼ぎに便利なおすすめ狩りスポット5選

108 views

メインストーリーも終わり、やり込み要素のユニークモンスター狩りと行きたいところですが、現在のレベルが低くていささか不安…

レベル上げをするのであればより強いモンスターの巣窟に立ち入って修行を積みましょう。

ケロ蔵

ケロ蔵

いざ修行じゃ〜〜!!

まぁそんな焦んなって

ピョン太

ピョン太

そこで今回は経験値を大量に稼ぐのに打ってつけな狩りスポットを5つ紹介していこうと思います。

実はあるエリアにおいてエリートモンスターが多いスポットがあるのをご存知でしょうか?

この狩りスポットを知っているだけでもレベル上げをより効率よく行えるようになるので、もしレベル上げをしている最中であればぜひ挑んでみてくださいね。

エルガレス地下洞窟(アエティア地方)

最初に紹介するおすすめスポットはアエティア地方にあるエルガレス地下洞窟。

早い段階から行ける場所なので、クラス経験値を稼ぐのにはもってこいの穴場ですね。

このエリアに生息するモンスターは平均Lv.70台中盤で、道中の敵全てエリート仕様のモンスターしかいません。

なので、エリート討伐のボーナス込みでかなりの経験値を獲得でき、レベル上げにはもってこいの穴場になっています。

最奥には牙獣王クラヴェイン(Lv.80)がおり、周囲にエリートモンスターなどなど多数徘徊しているので倒すのは一筋縄ではいかないでしょう。

アグヌス城下要塞(カデンシア地方)

アグヌスキャッスル解放後に行けるようになります。

Lv.85のレウニスが数体いる程度ですが全てエリートですね。

ここで戦う敵はレウニスのみで、奥にはユニークモンスターの殲滅型セントリオ(Lv.91)が待ち構えています。

敵の数は少ないですが、通常モンスターが出てこないという点やエリートモンスターと確実に戦える点を考えると、余計な戦闘をせずに済むという利便性もあります。

滅光の虚(大剣上層部)

大剣上層部のシティー跡地には平均レベル80台後半のモンスターが生息しています。

最初に訪れた段階では遭遇することはありませんが、ストーリーを進めていくと通れるようになるためレベル上げをするのならばそれ以降になります。

シティーの大移動後になるので、ストーリー後半になってしまいますが、その頃はまだ推奨レベルにも到達していないと思われます。

この地にはアイオニオン最強のユニークモンスターがいる(らしい)です。

「まだアイオニオン四天王を倒してないんだよ〜(泣)」

忘却の大洞穴(ペンテラス地方)

モルクナ大森林下層の奥深くにある忘却の大洞穴には外の敵よりも遥かに強く、平均レベル90台前半と、かなりの強敵揃い。

ここは毒の沼地が至る所に点在しているため、フィールドスキル『ハザードレジスト』は必須です。

ケロ蔵

ケロ蔵

ハザードレジストはナギリ加入後に習得するよ

最奥にはアイオニオン四天王の一体・惨烈龍ニルズヴィント(Lv.105)がいます。

邪念の空洞(カデンシア地方)

最後に紹介する狩りスポットはカデンシア地方にある邪念の空洞。

カデンシア地方にある洞窟タイプのエリアで、マップ左下にあります。

一応、イスルギのヒーロークエストで訪れる場所ですね。

まず驚くべきなのは徘徊しているモンスターが全てLv.90台後半だという点。

そんな中、エリートモンスターはLv.100というまさかの3桁台。

基本、複数体がまとまって行動をしているため、一匹ずつ誘き寄せて狩るといった戦法もできません。

ちなみに最奥にはLv.102のユニークモンスターが2体並んでいます。

もうこいつらだけでアイオニオンを征服できるんじゃないか?

ピョン太

ピョン太

まとめ

今回はゼノブレイド3でレベル上げをするのに便利な狩りスポットを5つ紹介してきました。

ゼノブレイドはシリーズ通してレベル上げがそこまで大変では無いため、今回紹介した方法を行わなくても拠点にてレベルアップをするといったことで強化することも可能です。

とはいえレベルカンストまで成長させるのは意外と時間がかかるので、手っ取り早く強くするのであればおすすめのやり方だと思います。

別の記事でこの方法を含めた効率よくレベル上げをするやり方を紹介していますので、興味があれば是非覗いてみてください。

最後にキャラクターのレベルに合わせたおすすめの狩りスポットをまとめますので参考にしてください。

狩りスポット 推奨レベル エリア
エルガレス地下洞窟 Lv.70以上 アエティア
アグヌス城下要塞 Lv.80以上 カデンシア
滅光の虚 Lv.80以上 大剣上層部
忘却の大洞穴 Lv.90以上 ペンテラス
邪念の空洞 Lv.90以上 カデンシア

他にもあったりしますが、あまり多く紹介してもキリがないので、とりあえずこんなところで。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。