もう虫で悩まない!?2つの使い方ができる撃退グッズ『モスキーターEX』を紹介

114 views

もうすぐ夏がやってきますね~

あの猛暑をまた経験しなければならないと思うと、ゲンナリしてきます…

そしてなによりも厄介なのが『虫』!

暑さを凌ぐために窓を開けていると、いつの間にか入り込んでいたり。

ケロ蔵

ケロ蔵

虫が1匹でも室内に入ってくるだけで、ストレスがマッハだよ…

殺虫剤を使おうにも、パソコンとか置いてる部屋では使いにくいよな

ピョン太

ピョン太

倒しても倒してもキリがないし、虫を潰すと手が汚れるのであまり触りたくありません。

なにかいい方法がないかネットで探ってみた所、こちらの商品にたどり着きました。

通販でよく見る胡散臭そうな商品に思えるんですが、以前ここのメーカーから応援購入した枕がとっても寝心地が良かったので、試しに買ってみることにしました。

『モスキーターEX』って何?

モスキーターEXとは株式会社 太陽がMakuake(マクアケ)にてプロジェクト化されている虫を撃退するグッズです。

卓球のラケットのような形状が本体で、ドックに収納して使います。

飛行中の虫を撃退する場合はドックからラケットを取り出して使うことも出来る2in1仕様です。

2つのモードで虫を撃退

モスキーターEXには虫を撃退するのに便利な2つの使い方があります。

  • 自動殺虫モード
  • 電撃ラケットモード

自動殺虫モードは虫が近寄ってくるのを待つ方法です。

ライトの光に寄ってきた虫を電撃で仕留めます。

電撃ラケットモードはモスキーターEXを手に持ち、虫に直接あてて殺虫できます。

ハエ叩きの感覚で使えるので、速攻で仕留めたい時に使えますね。

サイズもコンパクトでインテリアとしてもGood!

置きながら使用するならある程度スペースが必要になってきますが、モスキーターEXはコンパクトなデザインに仕上がっています。

匂いも出ず静音性にも優れているので、作業机に置いても邪魔にはなりません。

キッチンにも最適!

見た目がオシャレで、どこに置いても違和感がないデザインになっています。

蚊取り線香を彷彿とさせる見た目もイイ!

モスキーターEXの特徴

床に置いたり手に持って殺虫する以外にも、モスキーターEXには次の特徴があります。

モスキーターEXの特徴
  1. バッテリー内蔵
  2. 静音設計
  3. 適応範囲が広い

バッテリー内蔵で設置場所を選ばない

モスキーターEXはバッテリーが内蔵されているので、コンセントが届く範囲とかそういった縛りはありません。

なので、アウトドアでも活躍できます。

コードレスで使用できるのはありがたいですね。

就寝中でも気にならない静音性

一般的に販売されている虫取り器はファンを回して動作しているため、静かな環境では音が気になってきます。

モスキーターEXの動作音は10dB以下との事で、人の耳ではまず聞き分けることは難しいとのことです。

なので、就寝中でも動作音が気になるといったことはありません。

部屋全体に及ぶ範囲

モスキーターEXの効果が及ぶ範囲はおよそ20m2〜50m2との事。

畳換算だと12畳~30畳ですね。

これだけの範囲がカバーできるのであれば、大抵の部屋であればまず問題ないでしょう。

モスキーターEXが現時点で気になっているポイント

ここまでモスキーターEXを褒めまくった内容ばかりなので、ここからは実際に感じる不安要素を挙げていきたいと思います。

ライトで虫を退治するグッズは沢山存在しますが、どれも満足度が高いものばかりではなく、中には期待ハズレだったものもあったりします。

もしも応援購入を検討しているのでしたら、今一度考えておきましょう。

安全性の問題

安全を考慮して設計されています。

しかし、画像を見る限りだとラケットとして使用する場合、網状の部分が非常に危険だというのがわかります。

間違って触れてしまったら、火傷とかするんですかねぇ。

小さいお子さんがいる家庭だと、気をつけて取り扱わないといけないかもです。

連続使用時間の問題

モスキーターEXのバッテリーが満充電だった場合の連続試用時間は約6時間とのことです。

これはちょっと短い気がしますね。

特に就寝中だと6時間以上は寝ている人が多いので、起きる頃には電池切れで止まっているということですよね?

充電しながら使用すればいいと思うかもしれませんが、メーカーでは充電をしながらの使用はバッテリーの劣化を招くため推奨されていません。

ケロ蔵

ケロ蔵

充電しながら使用出来ればよかったんだけどね〜

充電完了するまでの問題

モスキーターEXを満充電するのに4~6時間かかるみたいです。

つまり、使用する時間とほぼ同じくらいの時間が必要ということですね。

充電し忘れると当然その間は使えないので、急速充電に対応してくればよかったです。

気になったので実際に応援購入することに!

いくら紹介文でいいことを並べていても、実際に使った上での効果がなければ意味がありません。

というわけで、実際に応援購入することにしました(·∀·)

お届け時期は7月末までとのことなので、2ヶ月くらいで手元に届きそうです。

商品レビューは実際に使ってみてからということで。

製品が手元にないからこれ以上の感想は書けねぇ…

ピョン太

ピョン太

関連記事