裏のヒロイン・メリアが使える全アーツをランク付け

1,046 views

今回は裏の主人公・メリア(個人的見解)のアーツをランク付けしていきます。

メリアは他の仲間とは違った特徴を持っているため、初見から理解するのは困難と言われるくらい複雑な性能をしています。

なので、加入してから全く使わないと言ったプレイヤーも一定数いる模様。

他の仲間にはないエーテル属性のアーツ強力なスリップ付きアーツを使いこなせば、シュルク以上のダメージを与えられるので、苦手意識を持っている人も使ってみることをお勧めします。

ランクSのアーツ

まずは常時セットしておきたいランクSの紹介です。

メリアはエーテル力が他の仲間に比べて高性能なので、サモン系アーツを主力に立ち回るのが効果的。

サモン・ボルト

  • エーテル力アップのバフ効果
  • 高威力ダメージが期待できる
  • リキャストが早い
  • ヘイトを集めやすい

メリアの主力アーツ。

召喚するとエーテル力アップの効果があり、エーテル力の高いメリアの与ダメージを底上げすることができるので、パーティー加入時から最後まで頻繁に使用する機会は多いです。

そしてエレメント発射は一撃の威力が高い雷属性のアーツ。

その威力は非常に高く、バフやエーテル力を上げて発射すると中盤でも10,000以上のダメージを与えることもあって、アタッカーとしても申し分ない威力を誇ります。

そのデメリットとして敵からヘイトを貰いやすいというマイナス要素もありますが、 それに見合ったアーツなのは間違いありません。

再使用までのリキャストも早いので、サモニングコピーを使わず2個目を召喚できるのも便利ですね。

サモン・アース

  • 物理バリアで耐久力が上昇
  • 毒のスリップダメージが異常
  • 再使用できるまでが長い
  • サモニングコピー必須

個人的にもかなり好きなアーツですね。

召喚時は物理バリアのバフが付き、自身及び周囲の仲間の被ダメージを抑えられる効果があります。

盾役のラインやダンバンと非常に相性が良く、シュルクやメリアなどのアタッカーにヘイトが向けられてしまった場合でも有用性は高いのも魅力。

エレメント発射時は毒の状態異常を付与。

毒はスリップダメージ系の中でも最も威力が高く、与えたダメージ分がそのままスリップダメージとしてじわじわHPを削っていくので、威力を上げればそれだけ効果も高くなります。

攻守ともに最強とも言えるアーツなので、アーツを取得したら真っ先に育てていきたいですね。

サモニングコピー

  • スタートダッシュで活躍
  • バフ効果が実質2倍

直前に召喚したエレメントを再び召喚できる特殊なアーツです。

このアーツの便利なところは同じエレメントを2つ召喚したい時なんかに使える点。

例えば、サモン・アースを2個召喚したい場合、1つ目を召喚してから再使用できるまでの時間が非常に長いため、その間に他のサモン系アーツで時間を稼がなければならない状況になることも。

そこで、サモン・アーツ→サモニングコピーと続けて使えば、短時間で2つも召喚することが可能になります。

バトル開始時でもサモン・ボルト→サモニングコピーと使えばエーテル力アップのバフを重ねがけすることもできるため、スタートダッシュが万全の状態で挑むこともできるようになります。

スピアブレイク

  • リキャストが早い
  • スロウの状態異常持ち
  • スターライト・ニーと組み合わせで転倒
  • 崖に落として転落死を狙える

メリアが使えるアーツの中で珍しい物理アーツで、スロウのデバフを付与。

効果時間は3秒とそこまで長いわけではありませんが、アーツ再使用までのリキャストが早いため、すぐに使ってしまっても問題ありません。

他にもスターライト・ニーの起点としても使うことができ、敵を強制転倒させることもできます。

なので、スピアブレイクとスターライト・ニーをセットで使うといいでしょう。

小技ですが突き飛ばし効果があるので、敵を崖まで誘き寄せてから使うと転落(=即死)させることができるので、格上相手でも対処することができます。

マインドブラスト

  • 数少ないアーツ封印のデバフ持ち
  • 立ち位置のよっては複数対象
  • エレメントバースト中のみ使用可能

対象にアーツ封印のデバフを付与。

このアーツ封印が非常に強力で、これにかかると敵はオートアタックしか使えなくため、事故死する可能性が激減します。

ストーリー後半になってくると強力なアーツを使用するモンスターも増えてくるので、このアーツの重要性が段々と見えてくるようになります。

エレメントバースト中しか使用できない縛りがありますが、それに見合った能力なのは間違いありません。

ランクAのアーツ

続いてランクAのアーツです。

ランクAはランクS以外のアーツの埋め合わせで使い分けていくといいかもしれません。

サモン・フレア

  • 炎熱の状態異常持ち
  • 範囲攻撃のためヘイトに注意

召喚時は範囲内の仲間に筋力アップのバフを付与。

単純な攻撃力アップに繋がるので、攻撃力の高いシュルクやダンバンの近くにいるだけで与ダメージがアップします。

重ねがけもできるため、3つ召喚すると合計 %も上昇し、撃破しやすくなるのもいいですね。

エレメント発射時はターゲットを中心に円状でダメージと炎熱の状態異常を付与。

毒や冷気に比べると威力は低いもののお互いに邪魔することはありません。

ただし範囲攻撃のため、予期しない場面でメリアにターゲットが向くという点も考慮して使わないとやられてしまうので注意。

サモン・アイス

  • サモン・フレアと使い分け可
  • 範囲攻撃でヘイトが集中する危険性

召喚するとエーテルバリアのバフを付与。

エーテルダメージを防ぐので、オートアタックはもちろんのこと物理アーツは対象外なので注意。

ネブラ系統のモンスター相手だと全てのアーツを半減してくれるようになるので、使い所によっては結構助かる場面も。

エレメント発射時はメリアを中心に範囲内の敵へダメージと冷気の状態異常を付与。

サモン・ウインド

  • 素早さアップのバフが優秀
  • 範囲攻撃が微妙…

エレメント召喚時は周囲の仲間の素早さアップの効果。

素早さは命中率や回避率に直結する能力値となるため、素早さを上げるメリットは非常に重要。

最大で30%も上昇するので、回避率の高いダンバンの回避盾として活躍してくれます。

素早さを上げるジェムがほとんどない中盤くらいまでは気軽に使えるのもGOOD!!

レベル差が高い格上のモンスター相手と戦えるのもサモン・ウインドによる素早さアップがなければどうしようもない場面も多々あり。

エレメント発射時はターゲットの周囲にダメージを与えます。

特にデバフが付与されないため、単純なダメージソースとして使用することになりますが、他のサモン系アーツと比べるとそこまで強力なものを持っていないので、主に素早さアップ用の使い方がメインとなるでしょう。

スターライト・ニー

  • スピアブレイクと組み合わせると強力
  • 崩しを経由しない数少ない転倒アーツ
  • 単体での使用だと微妙…
  • 巨体の敵をも転倒させる!?

メリアが使う数少ない物理アーツその2。

敵に向かって飛び蹴りをするメリアらしくないギャップもあって、スターライト・ニー=メリアというくらいの代表アーツとも言えるでしょう。

主な使い方はスピアブレイクとの連携で、スピアブレイク→スターライト・ニーと繋げれば転倒させることができます。

なのでスピアブレイクとセットで使うことを推奨。

そのためセットできるアーツが必然的に2個潰すことになりますが、今作では転倒状態にするメリットはかなり大きいので、それだけの価値があるアーツなのは間違いありません。

あとは他の6つはボルト・フレア・ウインド・アース・アイスの5つとサモニングコピーで十分なので、競合がそこまで多くないというのも選ぶ基準として妥当かなと思います。

バーストエンド

  • 防御耐性を下げるデバフが優秀
  • 範囲内のモンスターが対象
  • エレメントバースト時にしか使えない

自身を中心に範囲内の敵に物理耐性を10%、エーテル耐性を25%下げる。

防御耐性を下げるアーツはそれほど多くなく効果時間もかなり長めなので、強敵相手に使うとダメージが通りやすくなります。

エレメントバースト中にしか使用できず狙いたい時に使えないといったデメリットもあるため、使いたい時に使えないもどかしさはありますが、効果が非常に強力なので仕方がないのかもしれません。

スリープマインド

  • 対象1体をスリープ状態にする
  • 物理1発で水の泡

効果時間は長いものの、ダメージを1回与えるだけでスリープが即解除されてしまうため、うまく指示を変更しないと無駄な行動として終わってしまいます。

その代わりに上手に使えば非常に強力で、強敵が複数体出てきた際に足止めすることができるので、上級者向けの立ち回りが要求されます。

ランクBのアーツ

最後はあまり使う機会がないランクBの紹介。

個人的にもあまり使わないものばかりなので、この評価が妥当かなぁ〜と思います。

セットできるアーツが全部で8つしかないため、最終的な候補として弾かれるのは間違いでしょう。

サモン・アクア

  • リキャストだけは短い
  • 回復量が微妙

エレメント召喚時は周囲の仲間のHPを時間による回復。

3秒ごとにHPを50〜 で重ねがけすることで最大で 回復します。

エレメント発射時はモンスターからHPを吸収する効果。

回復手段の少ないメンバーだと役に立つ場面はあるものの、回復量が割合での回復ではなく固定で微々たるものなので、いまいち活躍する機会はありません。

まず、HPが回復できると言ってもその回復量は微々たるもので、カルナはもちろんのことシュルクのライトヒールやリキのガンバルもに比べると天と地ほどの差があります。

そしてメリアが召喚できるサモン系アーツはどれも有用なものばかりで、サモン・アクアで1個召喚してしまうと枠が1つ減ってしまうため、あえてサモン・アクアを使う意味は無いとも言えるでしょう。

まだアーツの出揃っていない段階であれば使う機会はありますが、レベルが上がり他のアーツを習得していくと同時に出番はほとんどなくなるのは間違いありません。

ヒールギフト

  • サモン・アクアとセットで使用
  • 自傷アーツ
  • 使用者本人のHPが低く恩恵が受けられない

自身の最大HPの20%を消費して対象の仲間のHPを指定分だけ回復します。

回復アーツに分類されますがメリアの最大HPは他の仲間に比べて非常に少ないため、最大HPの20%減るだけでも戦闘不能になる可能性が上がってしまうリスクも。

時間はかかるけどサモン・アクアによる回復の方がローリスク・ローリターンなので、あえてヒールギフトを使用するメリットはほとんどありません。

「回復を優先するならカルナやリキを入れた方がマシだね。」

リフレクション

  • タレントアーツ以外の攻撃を反射
  • 未来視無しだとタイミングを合わせるのが困難

敵からの攻撃を反射することができるアーツ。

タレントアーツ以外のアーツを全て反射できるので、未来視が発生した際にタイミング良く使えばノーダメージでやり過ごすことができます。

メリアは高火力アタッカーとしての要素も含まれているので、ヘイトを向けられた際の保険としてセットしておくといいでしょう。

とは言っても、効果時間が5秒しか続かないためタイミングを見極めるのが難しく、常に敵の状態を監視しなければならない難しさもあって、あまり使う機会は無いと考えます。

シャドーステッチ

  • 敵の移動を止める【バインド】
  • 使い道があまりない

敵の移動を止めるバインド状態にします。

動きを止めることができるので、バインド後に一定距離を取れば敵の攻撃範囲から外れて安全圏に退避することもできます。

一見すると便利な効果に見えますが、敵の向きは止めることができないため、ヘイトを向けられても側面や背後に回ることはできません。

使用者のメリアならともかく、物理主体の仲間だと結局近づかないと攻撃ができないため、単なる時間稼ぎにしかできないというイマイチな能力とも言えるでしょう。

パワーエフェクト

  • 距離が多少離れてもバフが途切れにくい
  • 巨大なモンスター相手にしか使う機会がない

召喚中のエレメントのバフ効果を2倍にするオーラを発動。

仲間から多少離れていてもバフ効果が発動するので、距離の管理がしやすくなります。

しかしそこまで仲間で距離を取るほど離れる機会はそれほど多くはなく、大型モンスターとのバトル時くらいにしか活躍する機会はあまり多くないとも言えるでしょう。

敵の範囲攻撃に入らないくらい離れて被ダメージを回避する使い方もいいかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。