Macに最適な最強のメモアプリUlyssesを1ヶ月ほど使ってみた感想

616 views

Macのメモアプリって使っていますか?

app storeにはたくさんのメモアプリが用意されており、大量の文字を打ち込むのに適しています。

そんな中、僕がブログの記事投稿をするために普段から使用しているメモアプリがUlyssesです。

このアプリは有料なんですが、課金するだけの価値があると個人的には思っています。

と言うことで今回は僕が愛用しているメモアプリUlyssesについて紹介していきましょう。

文章を書くだけなら純正メモアプリで十分だろ

ピョン太

ピョン太

ケロ蔵

ケロ蔵

まぁそうなんだけど…実際に使ってみないと、その良さがわからないよね。

Ulysses(ユリシーズ)とは?

Ulyssesとは文章を書くのに特化したメモアプリです。

他のメモアプリと異なる点は、文章を書くのに集中できる環境が整っている点にあります。

他のアプリでは普通に表示されるツールバーやフォルダ階層なども、Ulyssesでは全て排除して文章を打ち込むのに最適な環境を提供してくれると言うわけです。

「Ulyssesでできないことは他のメモアプリでもできないんじゃないかな?」

ブロガーさんやライターさんなどパソコンで文章を書いている人向けといった感じですね。

僕自身もブログで記事を執筆するのに使っています。

最初のうちは純正メモ帳でも同じことができるのに、有料というメリットを感じられませんでした。

しかし使い続けていくうちに、Ulyssesの便利な機能があってこそ記事を書くのが楽しく感じます。

有料のサブスクリプション

Ulyssesは有料アプリのサブスクリプション(月額)です。

  • 月額650円(年額換算7,800円)
  • 年額5,400円(月額換算450円)

有料アプリの中ではかなり高額な部類で、長く使い続けるほど支払うお金は増えていきます。

アプリにあまりお金をかけたくない人にとっては、抵抗があるかもしれません。

料金の高さからUlyssesの利用をためらってしまう人も多いな。

ピョン太

ピョン太

Ulyssesで使える主な機能

過去に純正メモとかBearなどのメモアプリを使っていましたが、その中でもUlyssesは評判通り便利な機能がたくさん揃っています。

特に使ってみて便利だった機能を4つ上げていきます。

iPhone/iPad/Macでの同期

UlyssesはApple製品の主要3種(iPhone/iPad/Mac)で使うことができ、iCloudで同期することができます。

これによって、出先のちょっとしたスキマ時間でiPhoneで執筆、自宅に帰ってからiPadやMacで編集といった使い方もできます。

マークダウン方式

Ulyssesはマークダウンに対応しています。

マークダウンを簡単に説明すると、記号を打つだけで強調することができる機能のことです。

特にブログをやっている人だと見出しや箇条書きなど使い分けなければならない場面もあったりするので、マークダウンに対応しているメモアプリは非常に使いやすいですね。

ケロ蔵

ケロ蔵

マークダウンの記号を知らなくても、ツールバーから使うこともできるよ。

タイプライターモード

文字を打つごとに画面がスクロールしていき、視線を下の方に移動するめんどくささってないですか?

そんなときに便利な機能がタイプライターモードです。

このタイプライターモードをオンにしておけば、カーソル位置が常に中央へと固定されるため、カーソルをわざわざ上の方に移動させる手間が省けます。

今ではタイプライターモードのない使い方は考えられないほど楽になりました。

WordPressへ直接投稿

他のメモアプリにはあまりない機能にWordPressへ直接投稿することができます。

ワードプレス=ブログを作成するためのソフトの1つ。名称。

これはブログを運営している人にとって便利な機能なんですが、ブログをやっている人の大半はWordPressと言うソフトを使って管理しています。

もちろんWordPressにもテキストエディタが存在するので、こちらを使えば済む話なんです。

しかし、WordPressのブロックエディターはクセがあるため、よりシンプルなUlyssesの方が使いやすかったりします。

Ulyssesで作成した記事をWordPressへと直接投稿できる機能があるので、わざわざ完成した記事をコピペしてワードプレスに貼り付けるといった手間がありません。

課金してまで使う価値があるか?

最後にテキストメモアプリとして非常に有能なUlyssesですが、月額課金なので毎月コストがかかってしまうのがネックです。

2021年5月現在、月額650円/年額5,400円と非常に高い料金を収めなくてはなりません。

しかもこの価格はアプリが月額制になった当初から比べて、値上がりしているみたいです。

なので、Macで文章を毎日書き続けるような方でない限り、無理して使う必要はないと個人的には思います。

ぶっちゃけ、メモアプリなんて純正メモ帳でも十分役割を果たしているし、もっと低価格でそれなりに使えるアプリなんてたくさんあるし。

そんな中、わざわざ高いお金を払ってまでUlyssesを選ぶ人って限られてきます。

僕のようにブログを運営して記事を書くのを趣味にしている人とか、記事を書くのを仕事にしている人などは使ってみてください。

Ulyssesには14日間の試用期間が設けられているので、まずは無料で試してみるといいかもしれませんね。

一度登録すると解約するまで自動継続するから、使わないのなら忘れずに解約する様にな。

ピョン太

ピョン太

関連記事