Switchをパソコン画面でもプレイ出来る!?夢のキャプチャーボード『ShadowCast』が登場!

104 views

Switchで遊んでいる時に、こんなことを感じたことってありませんか?

  • ノートパソコンを使って遊びたい…
  • テレビは家族が視聴中だから遊べない…
  • プレイ動画を録画し続けたい…
  • YoutubeでLive配信をしたい…

パソコンにゲーム画面を出力して遊ぶことが出来れば、どれだけ便利になることか。

もしかしたらその悩みを解決できるかもしれませんよ。

普段使っている液晶モニターを持ち運ぶわけにもいかないし、かといってSwitch本体の画面で遊ぶには小さくて遊びにくい。

今回は個人的に愛してやまないGENKIシリーズ第3弾『ShadowCast』がMakuakeにてプロジェクト化されました。

ケロ蔵

ケロ蔵

前回発売された『GENKI Dock』は今でも使い続けているよ!

というわけで早速ポチる。

あとは手元に届くまで待つだけです(·∀·)

ShadowCastとは?

ShadowCastはパソコンに映像を出力するための機器で、一般的にキャプチャーボードと呼ばれているガジェットですね。

キャプチャーボードといえばデカめのパーツと言ったイメージだったんですが、今はUSBメモリくらいのサイズのものもあるみたいです。

主な使用用途としては…

ShadowCastの使いみち
  1. SwitchやPS5などのゲーム機をモニターに出力
  2. 時間制限なくプレイ動画を録画
  3. デジカメを介してWebカメラとして活用

といった所です。

Switchの機能だと30秒しか録画できないから、コレは便利そうだな。

ピョン太

ピョン太

接続方法も簡単で

  1. ShadowCastをSwitch Dockに接続
  2. ケーブルをパソコンのUSB端子に接続
  3. パソコンの専用アプリを起動

たったこれだけです。

本体サイズも非常にコンパクトで、Switchドックの裏にあるHDMI端子に差し込みパソコンに繋げるだけです。

場所も取らず邪魔にもならない
ケロ蔵

ケロ蔵

同社の販売商品『Genki Dock』にも使えるよ。

パソコンに専用アプリをインストール

パソコンにゲーム画面を映し出すためには専用のアプリケーション(Genki Arcade)をインストールする必要があります。

日本では未発売のためコレ以上進めません

アプリはWindows版/Mac版それぞれ用意されているため、どちらか一方しか持っていなくても問題ありません。

アプリのインストールをしたくないという場合は、Google Chromeを使ってブラウザ版でもプレイ可能とのことです。

USB-C端子が無くても遊べる

変換アダプターも同梱されているので、USB-C端子が無いパソコンでも問題なくプレイすることが出来るようですね。

Q

ノートPCにUSB Type-Aポートしか無いですが使うことは出来ますか?

A

国内仕様のShadowCastは同梱しておりますUSB Type-A/Cアダプターをご利用頂くことで、Type-Aポートしか無いノートPCでもご使用頂けますのでご安心下さい

まだUSB-Aが主流ですから、この辺りの心配をする必要はなさそうです。

ただ、遅延や給電に影響がなければいいのですが…

ShadowCastを使う上での期待と不安要素

ここからはShadowCastの紹介ページを読んだ上で、気になった要素について見ていこうと思います。

当然ながらShadowCastは手元にないので、あくまでも個人的な意見だということをご理解ください。

パソコンスペックによっては動作に影響を受ける?

使用する上で気をつけておきたいパソコンのスペックですが、紹介ページにて公開されている必要動作環境は以下の通りです。

必要動作環境
  • 対応OS:Windows/MacOS
  • 対応ブラウザ:Google Chrome
  • CPU:Intel i5-3400またはi7-3537U2.0GHZ以上
  • グラフィックボード:NVIDIA GT630またはGT735M以上
  • メモリ:4GB以上

特に気をつけておきたいのがCPU・メモリ・グラフィックボードです。

パソコンの専門用語なんてわからんぞ。

ピョン太

ピョン太

よほど低スペックのPCでなければCPUとメモリはクリアしそうですけど、グラフィックボードは搭載されていない場合もありますからね。

この辺りは実際にグラボ非搭載のオンボードで動くかどうか試してみたいと思います。

遅延はどれくらいある?

ゲーム機本体と直接繋ぐ場合は気にならない問題でも、パソコンを介して映像を出力する場合、遅延はどうしても発生します。

紹介ページにて販売元が公開している検証動画がありましたので、静止画にして載せておきます。

さすがに遅延なしとまではいきませんが、静止画で確認する限りおよそ0.05~0.07秒の遅延が発生しています。

この差であればプレイに支障はないでしょう。

ただ、検証に使用したモニターやパソコンのスペックが不明なので、実際にこの程度の遅延で済むかどうかはなんとも言えません。

この辺りは直接調べた方が早そうですね。

ゲーム機以外でも接続できる?

SwitchやPS5などのゲーム機以外でもHDMI出力できる機器であれば使えるみたいです。

例えばデジカメ。

HDDレコーダーとかも出来るかな?

気になる価格と到着時期

気になる価格ですが、一般販売予定価格が6,490円の18%OFF、5,320円にて応援購入することができます。

応援購入は2021年7月15日まで受け付けており、以降は6,490円での販売になるので気になっている方はお早めに。

ケロ蔵

ケロ蔵

26%OFFで応援購入できた人が羨ましい~

そして購入者には、2021年8月末までに届くようです。

現在はMakuakeというクラウドファンディングにて応援者を募っている段階です。

約3ヶ月ほど待つことになってしまいますが、気長に待ち続けることにします。

手元に届きましたらレビューをしますね。

関連記事