純正品より有能!ズレ落ちにくいリングフィットホルダーを4ヶ月使ってみた感想

3,726 views

リングフィットアドベンチャーの品薄もようやく落ち着き、以前に比べて入手しやすくなった印象ですね。

現在でも売れ筋ランキングに入るほど人気があるので、これから購入しようと考えている方もいるかもしれません。

室内でも運動ができるため、休みの日は常に部屋にいる僕のような引きこもりにはうってつけなんですが、『レッグバンドがズレ落ちやすい』という欠点を抱えています。

どんなにキツくバンドを締め付けても徐々にズレ落ちてくるため、段々とメンドくさくなってきちゃうんですよね。

ケロ蔵

ケロ蔵

レッグバンドのズレ落ちがあまりにもストレスだから、使わなくなった時期もあったぐらいだよ!

以前、ズレ落ちを解消できるリングフィットホルダーを当ブログでも紹介し、思いのほか閲覧数が伸びて、同じような悩みを感じていた方が多かったんだというのがわかりました。

今回は4ヶ月使ってわかったリングフィットホルダーの使用感や感想を交えていこうと思います。

レッグバンドのズレ落ちから開放できる!リングフィットホルダーとは?

自宅でもエクササイズができるリングフィットアドベンチャーは、コロナの影響と相まって入手が困難でした。

一緒に付属されているリングコンとレッグバンドを使ってプレイするのですが、レッグバンドが徐々にズレ落ちてくる問題があったんです。

あまりにもレッグバンドをきつく締めすぎると、血流が悪くなって足が痺れてくる問題もあるので、根本的な解決にはなっていないんですよね。(きつく締めてもズレ落ちることもあるし)

そんな中、クラウドファンディング発のアイディア商品がリングフィットホルダーです。

純正品との違いは滑り止め加工がされている点です。

今までリングフィットアドベンチャーでの不満点だった、レッグバンドが徐々に下へとズレ落ちてくる問題を解決できると言うこともあり、僕は購入することを決めました。

「これならズレ落ち問題を解決できるかもしれない!」

リングフィットホルダーの詳しい内容は、過去に記事にしてますので興味があればこちらもご覧ください。

リングフィットホルダーを実際に使ってみた感想

ここからは僕が使ってみて良かったところと悪かったところをそれぞれ述べていこうと思います。

結論だけ先に言うと、レッグバンドは良かったもののグリップはやや使いにくかったというのが僕の感想です。

【Good!】レッグバンドが純正品よりもすべりにくくなった

一番気になるレッグバンドの滑り止めですが、思った以上にしっかりホールドされています。

純正品だと滑り止め加工がされていないため、1つのコースをクリアするたびに直す手間があったんですが、このレッグバンドを装着してから毎回手直しする手間がなくなりました。

全面に滑り止めが加工されているわけではありませんが、しっかりと役割を果たしています。

足を上げ下げした際の振動でレッグバンドが徐々にずり下がる問題は、リングフィットアドベンチャーの不満点でしたが、このレッグバンドを使えばズレ落ち問題は解消できますね。

ケロ蔵

ケロ蔵

バンドを思いっきり引っ張ってもシリコンが剥がれること無いから、安心して取り付けられるよ。

バンド部も純正品より太くなってる分、接地面も多いから安心できるな。

ピョン太

ピョン太

【Good!】グリップの滑り止めが地味に便利

リングコンに取り付けるグリップにも滑り止め加工がされているのは便利ですね。

リングフィットアドベンチャーでは、腹筋ガードなどでリングコンを押し付けるエクササイズもあるので、この滑り止めが地味に役目を果たしてくれます。

【Bad…】グリップの使い勝手がイマイチ良くない

リングコンに装着するグリップがイマイチ使いにくいと感じました。

具体的には次の点です。

  • リングコンにうまく装着できない
  • 端が硬くて掴む際に気になってしまう
  • ホルダー部に手を通しにくい

グリップの厚みは純正品よりも厚くなってクッション性が増していますが、長さは同じなのでマジックテープが届かないといった具合です。

長さが結構ギリギリで、マジックテープの接着が甘いと角の部分から剥がれ、トレーニング中に「バリバリ!!」とマジックテープが剥がれる音も気になりました。

購入した直後だとグリップが丸まった状態で届くので、ある程度使い続けていけば馴染んでいくようですね。

強化グリップはお届け時に丸まっておりまして縮んでいる状態となっております。

ご使用前に軽く伸ばす事で問題なく装着できます。

また、使用続けることで馴染んできます。

https://aozoramarche.thebase.in/items/36533357

うまく取り付けられたとしても、今度は端の部分が硬くなっているため、リングコンを握った際に端が当たるといった具合です。

ケロ蔵

ケロ蔵

マジックテープの硬い部分が最先端にあるから、触るとなんか気になるのよね~

あとはグリップホルダーですね。(グリップについている輪っかの部分)

個人的にこれの必要性をあまり感じませんでした。

汗で滑ってリングコンが落下してしまうのを防止するのが目的なんですが、リングコンを落としたことってないんです。

むしろリングコンを置いたりするのに毎回グリップホルダーを外す方が手間だったりします。

この辺りは安全性を取るか手軽さを取るかで評価が分かれそうです。

ズレ落ち問題を解消するなら現状だとコレ一択

今回はリングフィットアドベンチャーでレッグバンドのズレ落ちを解消してくれるアイテム・リングフィットホルダー」の感想をお伝えしました。

グリップは改善する余地はあるものの、レッグバンドはズレ落ちを心配する必要がなくなって、エクササイズがはかどるアイテムとして活躍できる一品だと思います。

社外品のリングフィットホルダーも出尽くした感がありますし、今後この商品の改良品が登場するかもわからないので、ズレ落ち対策が目的であれば良いと思います。

ただ決して安い買い物ではないので、レッグバンドのズレ落ちがどうしても我慢できない方や長く続ける意思を持っている人でなければ高い買い物になってしまう可能性も考えられます。

リングフィットホルダーを取り扱っているショップは?

BASEというCMでもおなじみのネット通販モールで販売されているので、興味があれば覗いてみてください。

Amazonや楽天でも取り扱っているとのことなのでリンクを貼っておきます。

公式オンラインショップよりも価格が高くなっているので、安く購入したいのでしたらBASE経由がオススメです。

関連記事