Nintendo Switch(有機ELモデル)がついに登場!従来型から買い換えるべき?

276 views

Nintendo Switch Proと噂されていた新型Nintendo Switchが有機ELモデルとしてNintendo公式サイトにて発表されました。

今まで噂レベルだったので、従来型のSwitchを買い控えていた人にとって朗報とも言えるのではないでしょうか?

ですが、現在Switchを持っている人にとって、はたして買い換える価値があるのでしょうか?

今回はNintendo Switch(有機ELモデル)の詳しい仕様と、買い換える必要があるのかどうかについて考えていきたいと思います。

Nintendo Switch(有機ELモデル)の詳細

今回発表されたNintendo Switch(有機ELモデル)は、従来のNintendo Switchから進化したバージョンです。

大きく進化するのは次の6つ。

Nintendo Switch(有機ELモデル)の仕様
  1. 有機ELディスプレイ搭載
  2. 画面サイズが6.2インチ→7インチにサイズアップ
  3. 縦置きスタンドの仕様変更
  4. 有線LAN端子搭載
  5. 本体保存ストレージが32GB→64GBに容量アップ
  6. 新スピーカー搭載

以上の6項目です。

ケロ蔵

ケロ蔵

CPUや解像度などの違いは新旧どちらも一緒だよ。

気になる発売日は2021年10月8日で、価格は37980円(税込)となっています。

従来型のSwitchだと32,978円なので約5,000円値上がりですね。

値段据え置きだったら良かったんだけど…まぁ仕方ないか。

ピョン太

ピョン太

有機ELディスプレイ搭載

今回のウリであるSwitch本体の画面が有機ELディスプレイが搭載されています。

有機ELディスプレイとは?

通常の液晶ディスプレイのように画面全体を照らすバックライトが存在せず、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示するディスプレイのことです。

ピクセルの発光をオフにすることで深い黒色を表現できることが特長です。黒が引き締まるため明暗差がはっきりし、ハイコントラストで鮮やかな映像を映し出すことができます。

Nintendo公式サイト

まぁ簡単に言うと黒の表現がより黒に近いものになると言ったところですね。

従来の液晶だと、黒の表現がやや明るい黒といった感じです。

テレビの電源を切った状態入力切替で真っ暗にした状態の違いといったところか。

ピョン太

ピョン太

画面サイズのが7インチにアップ

Switch本体の画面サイズが7インチに上がっています。

従来型Switchの画面サイズが6.2インチと0.8インチアップですね。

Nintendo Switch(有機ELモデル)
Nintendo Switch(従来型)
ケロ蔵

ケロ蔵

0.8インチと微妙な差だけど、実際に比べてみると画面の縁が狭くなってるよ。

縦置きスタンドの変更

Switch本体を支えるスタンドも以前のものに比べて安定性が増しています。

有機ELモデルのスタンド

画像を見る限りだと、本体の横全体を支える幅になっているので、ちょっとの振動で倒れてしまうといったトラブルも無くなりそうですね。

ケロ蔵

ケロ蔵

ちょっと力を入れるだけでボキッ!と折れそうな、あのスタンドは不評だったからね。

さらにこのスタンド、好きな角度に固定することが出来るため、どんな体勢でも見やすい角度に調整することが出来ます。

有線LAN端子が搭載

ドッグも新しく設計されており、有線LAN端子も新たに追加されています。

従来型Switchだと、別売りの外付けUSB LANコネクターを取り付ける必要があったんですね。

ケロ蔵

ケロ蔵

スマブラやスプラトゥーン2などの通信速度が重要なゲームでは有線接続は必須だよ。

ドッグに最初から追加されることによって、外付けUSB LANコネクターを持ち運びする手間が省けます。

本体保存ストレージが64GBに変更

Switch本体のストレージ容量が従来の32GBから2倍の64GBにアップしています。

MicroSDカードが必須だった従来型に比べると、ある程度余裕ができたとも言えそうですね。

ダウンロードソフトを購入しない前提であれば、本体ストレージだけでなんとかやりくり出来そうです。

新スピーカー搭載

Switch本体に内臓されているスピーカーも進化しているみたいです。

さすがに画像だけではどれくらい進化しているか判断できないので、コレ以上のことはなんとも言えませんね。

従来型Switchから有機ELモデルに買い換える価値は果てしてあるか?

ここからは現在所有している従来型のSwitchからNintendo Switch(有機ELモデル)に買い換える価値があるかどうかについて個人的な意見を言います。

結論として買い換える価値は無いというのが僕の考えです。

その理由についてみていきましょう。

テレビモードで使う分には影響がほとんどない

まず1つ目はNintendo Switch(有機ELモデル)のウリである有機ELディスプレイの恩恵があるのは、テーブルモードか携帯モード使用時に限られます。

つまりテレビモードでプレイする分には有機ELモデルのメリットがほとんどありません。

有機ELの機能が発揮するのは、あくまでもSwitch本体でプレイした時だけに影響があるということを覚えておきましょう。

テレビに有機ELモデルのSwitchを繋げても、キレイになるわけじゃないぞ。

ピョン太

ピョン太

価格差5000円の価値が有機ELモデルにあるかどうか

従来型Switchと新型Switchの価格差は約5000円とゲームソフト一本分の差があります。

この価格差を高いとみるか安いと見るかは人それぞれだと思いますが、僕だったら従来型のSwitchを購入して浮いた5,000円をソフト代や周辺機器の費用に回しますね。

もちろん有機ELディスプレイや画面サイズが大きくなったことによる恩恵を、価格差5,000円に価値を感じるならば購入を考えてもいいでしょう。

本体内蔵ストレージ64GBでも結局足りなくなる

32GBから2倍の64GBに保存領域が上がったからといっても、足りなくなることは十分考えられます。

実際に僕もダウンロードソフトを購入していたりしますが、64GBでも全然足りません。

なので、結局はmicroSDカードを追加で購入することになります。

ケロ蔵

ケロ蔵

セーブデータとかソフトや本体の更新データも意外と容量を食うよ。

ダウンロードソフトを購入しない層であれば、64GBでもいけるかもしれません。

Nintendo Switch(有機ELモデル)の購入をするべき人

最後にNintendo Switch(有機ELモデル)を検討すべき人は次の通りです。

購入を検討するべき人
  • Switch本体を持っていない
  • テーブルモードや携帯モードで遊ぶ機会が多い

従来型のSwitchではどうにもならない有機ELディスプレイや画面サイズを求めるのであれば、新型Switch一択ですね。

それ以外の部分に関しては周辺機器で代用することもできるので、新しく買い換える必要はないでしょう。

肝心の内部スペックは新旧モデルどちらも一緒なので、あえて買い替えをする理由としては弱いと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。