メトロイドドレッドクリア後レビュー今作は死にゲーだった!?

166 views

19年ぶりの2Dアクションゲームの金字塔、メトロイドドレッドがNintendo Switchで発売されました。

僕自身もすでに発売日から仕事を休んでプレイするくらい期待度MAXの状態で遊んでいます。

ようやくクリアしたので、早速クリアレビューをしていきたいと思います。

初回プレイ時のクリア時間

エンディングまでのクリア時間は約10時間ぐらいでした。

アクションゲームとしてごく普通のプレイタイムではないでしょうか。

会話シーンやムービーもそこまで長くないから、サクサク進むんだよな。

ピョン太

ピョン太

迷路に迷いながらアイテムを集めていたので、人によってはもう少しクリア時間が前後すると思います。

ですが、ゲームオーバーになった回数が多くあったため、実際のプレイ時間はもう少し長かった印象でした。

ケロ蔵

ケロ蔵

仕事が休みの日は長時間遊んでいたから、感覚的には20時間くらいは遊んでいたかも。

エンディングまでクリアしたとは言え、やり込み要素は非常に多く各エリアのアイテム収集率100%だったり2周目要素など、何度も繰り返しプレイする楽しみはあります。

メトロイドドレッドは一言でいうと『死にゲー』

メトロイドドレッドを遊んでみた印象を一言でいうと

死にゲー!!

これに尽きます。

マジでムズイんだけど!!

ケロ蔵

ケロ蔵

ゲーム初心者だとクリアは厳しいかも…

死にゲーとは?

死ぬのが前提になっている難易度のゲームのこと。
初見だと敵の行動パターンがわからないため、ノーミス撃破はほぼ不可能。

任天堂が発売した最近のゲームでは高難易度

任天堂のソフトって全年齢対象のゲームが多く、小さな子供も考慮してか難易度を低めに設定していたりするんですよね。

僕自身も昔からいろんな有名タイトルを遊んでいますが、ゲームオーバーになった記憶ってほとんどありません。

ケロ蔵

ケロ蔵

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは何度もやられたけどね!

昔から遊んでいるヘビーユーザーということもあって、そこまで苦戦する難易度ではないと思ってました。

なので、今回購入したメトロイドドレッドも雰囲気や探索を楽しむものと考えていたんです。

ですが、実際に遊んでみるとこれがかなり難しい!!

いやー任天堂の本気を見ましたね。

今まで全年齢対象ということもあってか、難易度を抑えめに開発していたんでしょう。

ですが、メトロイドを遊ぶ年齢層は大人が多いと判断して、難易度を高めにしたということでしょうか。

本作の新たな試みE.M.M.Iがマゾい!

本作の新要素、E.M.M.Iがプレイに緊張感を持たせてくれます。

主人公・サムスを捉えたら追いかけてきます。

一度でも触れると99%ゲームオーバーになるので、こちらは必死になって逃げまわらなければなりません。

後半になってくるとE.M.M.Iのサーチ能力も向上しているため、何度も繰り返し逃げ続けるという地獄を味わいます。

ケロ蔵

ケロ蔵

ゲームオーバーになる一番の原因が、このE.M.M.Iだったよ。

メトロイドドレッドの評価点と不満点

ここからは実際に遊んでみた上での評価点を書いていきます。

個人的な感想も交えているので、参考になっていただければと思います。

【GOOD!】E.M.M.Iとの鬼ごっこが意外と面白い

今作を遊ぶ上で気になっていたのがE.M.M.Iの存在でした。

触れるとほぼ即死の状況で、逃げ続けるのは結構めんどくさいんじゃないかと考えていたからです。

僕自身も初見では逃げ切るのはほぼ叶わず、最低1回は捕獲されていました。

ケロ蔵

ケロ蔵

後半に登場するE.M.M.Iはチート能力があって理不尽だからね。

触れると即死の敵が同じスピードで追いかけてくるのは緊張感があって面白かったです。

【BAD…】エリア間の移動の読み込み時間が長い

エリアからエリアへの移動は読み込み時間が長く、かなり待たされた印象を受けました。

探索型アクションゲームなので、エリア間移動が多くなると移動するのも億劫になってきます。

【BAD…】ファストトラベルできない

特定の場所へ一瞬でワープできる機能、ファストトラベルが用意されていません。

元々メトロイドではそういった機能は搭載されていないため、オリジナル準拠ということもありひたすら移動を繰り返して探索する仕様になっています。

後半になってくると探索範囲が広がり、どこに行けばいいのかマップをじっくり眺めて向かわなければならないので、プレイヤーによってはめんどくさく感じるかもしれませんね。

ケロ蔵

ケロ蔵

複数のマップを行き来しなければならないから、どこに行ったか把握するのはかなり困難…

せめてセーブポイント間のファストトラベルは欲しかったな。

ピョン太

ピョン太

難易度は高いけど達成できた時はかなり嬉しい

今回はメトロイドの新作、メトロイドドレッドのクリアレビューを記事にしてみました。

今まで任天堂のゲームでゲームオーバーになったことって、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドくらいしか経験したことがありませんでした。

なので、今作もせいぜい1~2回くらいしかゲームオーバーにならないだろうと考えていたくらいです。

実際に遊んでみると20回くらいは余裕で死んでいたので、任天堂のゲーム=簡単というイメージが完全に壊れましたね。

ゲームに慣れていないライトゲーマーだと、今作の難易度は結構難しい部類に含まれるので、これから遊んでみようと考えている方は覚悟しておいた方がいいでしょう。

ボス攻略が出来たら喜びもひとしおなので、遊んでみる価値は間違いなくありますよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。